2007年01月02日

2007年が始まりました。

明けましておめでとうございます。

グレゴリオ暦で新しい年を迎えました。
皆さんはどんなお正月をお過ごしですか。

私は、初日の出を見に行きましたが、あいにく福岡は曇りで空は厚い雲に覆われていました。場所によっては、数分間だけ、ご来光が拝めた様です。

私がいた海岸は東側に島があるので、初日の出の光だけ見えました。




初夢を見ました。その夢は…胸は白く羽は青い小鳥と、話しながら歩いている夢です。

私は小鳥に質問しているのです。「どうして、小鳥になったのですか」可愛いけれど、大きな鳥に狙われたりして大変ではないですか?という気持ちで尋ねたのです。

小鳥は答えました。「小鳥になる前は、大きな鳥にもなりました。肉食動物にも、草食動物にもなりました。イルカにも魚にも。人間にもなりました。私は小鳥ですが、いろんな生き物の気持ちを知りました。」「私達はね。なりたいと思う存在になれるのですよ。」と小鳥は言うと飛んで行きました。

私は感激して、涙が止まらず泣きながら歩いて行きました。そのうち人通りの多い街に着きました。向こうから人が来ると思いましたが、すれ違う時にも、泣いている顔を隠さず歩きました。… この様な夢です。


「なりたいと思う存在になれる」この事を宇宙はいつも教えてくれているのかもしれません。小鳥は弱い存在ではありません。強さや逞しさも宇宙から学んでいるのです。私達も今まで学んで来たし、今も学んでいるのです。

2007年は潜在意識が活性化します。地球も変わろうとしています。私達の意識は地球に影響を与えます。

「なりたいと思う存在になれる」私達は、どうなりたいのか、自分の事だけ考えるのではなく、地球にも思いを馳せてみましょう。

今年も、潜在意識解読を通して、皆さんと学んでいきたい思います。どうぞよろしくお願いします。


潜在意識解読の感想コーナー

「集合意識メルマガ・No Problem」のご登録
posted by ジュネ at 18:18| Comment(37) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

夢の不思議

私は以前こんな体験をしました。

私の次男は6歳で亡くなりましたが、その子が生きている時の事です。

次男は生まれた時、障害を6つも持っていて、医師から、一歳の誕生日は迎えられないだろうと宣告されました。 そして、入院生活を余儀なくされたので、長男を母に預け、付きっきりで看病していました。

ほとんど寝ない日が続きました。日にちや曜日の感覚も無くなっていました。食事もしたのかどうか覚えていない状態で看病を続けていました。

ある時、銀行の窓口に用事があり、病院を午後2時45分頃に出て車に乗りました。銀行までは車で5分くらいだったので、間に合うと思っていました。

ところが、車で道路に出た瞬間、信号無視の車に側面衝突され、私はだんだん意識が遠のいていきました。ああ、銀行には今日が期限だったのに間に合わなかったし、それより私は、こんな状態のまま死ぬのだろうか…ふと気付いたら、私は病院の子供のベットの端に、顔をうずめて寝ていました。

時計を見ると午後2時44分です。さっきのは夢か、でもすごくリアルだったので、怖くなりました。そして私は、銀行へ行くのに車に乗りましたが、道路に出る時、わざと信号をひとつ遅らせました。すると私の目の前を、信号無視の車が一台すごいスピードで走り抜けました。

私は今でも、潜在意識が、夢を通して教えてくれたと思っています。そしてこの頃から、私の身の回りに不思議な事が、起き始め、宇宙エネルギーのことを学ぶきっかけになりました。

今から14年前のことです。


潜在意識解読の感想コーナー
posted by ジュネ at 18:17| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする